インタビュー

訪問・鍼灸マッサージアイリス治療院 治療家
山崎 元太さんのインタビューを掲載しています。

山崎 元太

治療内容や患者様との関わり方に困っても、すぐに相談できるところが一番の魅力

訪問・鍼灸マッサージアイリス治療院 治療家

山崎 元太

アイリスに入社した理由は?

僕は元々個人経営の鍼灸整骨院で働いていました。2年半ほど働いていましたが、朝早くから出勤し、夜は21時、22時が当たりでした。仕事量、時間ばかりが増えて、待遇が変わらないモヤモヤする日々を過ごしていました。今となってはその事が役に立っていますし、いい経験をさせていただいたと感じていますが、その修行的な働き方が嫌になり、色々と求人を探していました。そんな時にアイリスで働く大学の友人と話す機会がありました。その友人と話しているうちに僕に合っているんじゃないかと思い、入社を決意しました。

アイリスに入社して感じることを教えてください

いくつか事務所に分かれていて、それぞれ雰囲気は違いますが、僕のいる江坂事務所は平均的に年齢が若くて、部活動のような活気があります。僕は入社して2年目ですが、班では年齢的に上から数えるほうが早いので、みんなの若さに負けないように頑張っています。また、相談員さん、事務さんが事務所にいるので、店舗の整骨院の少人数とは全く違う賑やかな雰囲気があります。
また、治療内容や患者様との関わり方に困っても、すぐに相談できるところが一番の魅力です。患者様も1人ではなく、複数で担当することが多いので、話し合って問題を解決できることはすごくありがたいです。あとは治療家にとって、営業活動をせずに治療に専念できるところも良い点だと思います。訪問鍼灸をしている人で営業が上手くいかなくて困っているという話をよく聞きます。アイリスは専属の営業スタッフがいるので、営業をしない分、多くの患者様と接することができます。

山崎 元太

今の仕事に対する想いを教えてください

基本的に1人で患者様の所をまわるので少しの寂しさもありますが、施術は自分の思うまま自由にすることができます。店舗型の治療院とは違うところは患者様の生活スペースにお邪魔しているということです。入った瞬間から失礼のないように上着を脱ぐ、靴の脱ぎ方など、かなり気を使います。ですが、いい面もあり生活スペースに入ることで生活の一部のように楽しみに待っててくれる方もいて、やりがいに繋がります。患者様はご高齢の患者様が多いので、突然のお別れをすることもあります。昨日訪問した時には何もなかったのに、次の日に体調が悪くなることも少なくありません。そのことを常に頭に入れていると、日々の接し方も自然と変わるようになりました。

求人お申し込みはこちら

ページトップへ