事業内容

当院は歩行困難な老人のお宅にリハビリ効果のある鍼灸マッサージを行っています。

大阪 吹田市、池田市、伊丹市で働く訪問鍼灸師、マッサージ師の採用・求人・転職

訪問鍼灸マッサージというお仕事は信頼関係の構築で顧客数が増えていくストックビジネスです。

事業化の背景

私は交通事故により20歳で左足大腿義足になりました。その際六ヶ月間の寝たきり生活を経験し、ベッドから動けない辛さ(褥瘡、排便、腰背部の痛み)を経験しました。

私はそのような経験から、高齢者の方がなるべく寝たきりになってしまわないように日々のリハビリや痛みのケアのお手伝いをしようと考え歩行困難者向けで訪問専門のアイリス治療院を開業いたしました。

訪問鍼灸マッサージ事業とは

国家資格を持った鍼灸師やマッサージ師が歩行困難な老人のお宅に訪問しリハビリ効果のある鍼灸マッサージを行う事業です。

医療保険を適用するので医師の同意書が必要になります。

参考資料

訪問鍼灸マッサージの市場推移

2015年には「ベビーブーム世代」が前期高齢者(65~74 歳)に到達し、その10年後の2025年には後期高齢者に達するので要介護者数が急速に増えると推測できます。

よって、訪問マッサージの需要は今後、より高まると考えております。

業界動向

訪問鍼灸マッサージ業界の取扱高は2002年264億円から2006年の495億円と、
5年間で1.8倍の上昇推移をみせています。

整骨院業界の年間3,800億円からみればニッチな市場でありますが、
寝たきり経験者として患者様の気持ちがわかるというアドバンテージと血管マッサージ技術を活かし、
今後の新規参入業者との差別化を図ります。

治療費用について(1割負担の場合)

初回
324円
二回目以降
158円

※約20分の治療

往療料金
230円〜(下記表参照)
0〜4km未満 4km以上
治療費 158円 158円
往療費 230円 270円
合計 338円 428円

治療費158円+往診料230円=合計388円

介護保険とは

  1. 介護サービスの利用にあたって、まず被保険者が介護を要する状態であることを公的に認定(要介護認定)する。
  2. 要介護認定は認定調査の結果をもとに保険者によって行われ、要支援1・2 要介護1~5の7つの段階に分けられる。
  3. 認定委員会によって、要介護の度数(たとえば要介護3)や介護保険負担限度額の認定が行われ「要介護3」などと記入された介護保険被保険者証が発行される。
  4. 下記表の利用限度額に基づいて、どのような介護サービスを組み合わせて利用するかコーディネイトするのが介護支援専門員(ケアマネージャー)である。
お問い合せ
応募フォームへ
このページのTOPへ
HOMEへ
池田市の訪問鍼灸マッサージで働くアイリス治療院の求人採用サイト
応募はこちらから
お問い合せはこちらから