徒弟制度の空気が残る「整体、鍼灸業界」の中で働きやすさをが特徴の池田市の訪問鍼灸院「アイリス治療院」の採用サイト

大阪 吹田市、池田市、伊丹市で働く訪問鍼灸師、マッサージ師の採用・求人・転職

ワークライフバランスを重視した訪問鍼灸院です。

ぎっくり腰

池田市の訪問鍼灸院「アイリス」のブログ » ぎっくり腰

2019年04月19日

こんにちは!
訪問リハビリ鍼灸マッサージの藤田直樹です。

ぎっくり腰の正式名称は急性腰痛症といいますが、その名のとおり、いきなり腰が痛くなる症状をさします。原因は多様で、重たい荷物を持ち上げたとき、仰向けの状態から勢いよく体を起こしたとき、急に体をひねったときなど、日常の何気ない動作がいくつかあげられます。基本的には安静にしていれば治りますが、適切な対処をしないと慢性腰痛になることもあるため注意が必要です。
ぎっくり腰というと、すぐに腰の骨がどうにかなってしまったことをイメージしますが、主なきっかけは背中の筋肉・筋膜の損傷です。特に、腰に力が入らずへなへなと座り込んでしまうような症状の場合は、いわゆる肉離れが生じている可能性が高いです。しかし、このときに無理をしたり、発症を繰り返したりすると、二次的に椎間板や椎間関節などの損傷を招き、さらに髄核が飛び出して神経を圧迫する椎間板ヘルニアを引き起こしてしまうこともあります。

ぎっくり腰になりやすい要因は?
若い人や普段から体を鍛えているアスリートでも、激しいスポーツ時にぎっくり腰になることがあります。一方、いつもと変わらない動作なのに、なぜぎっくり腰が突然起こるのかというと、筋肉が緊張していたり疲労がたまったりしているからです。自分では意識していなくても筋肉疲労は毎日起こっており、睡眠や運動、栄養などで回復をしています。しかし、新入社員さんなどの新生活が始まり慣れない運動負荷や悪い姿勢の連続といった腰への負担が続くと、回復スピードが追いつかず、ある日突然キャパオーバーになるのです。
通常、ぎっくり腰になった2~3日後は、冷湿布や保冷効果のあるもので冷やし、ある程度痛みが軽減されてきたら、温めるのがよいとされています。入浴もこのタイミングで行ってよいとされていますが、一番よい判断法は自身の感覚です。不快と思ったら入浴は控え、湯温は自分が一番心地よいと思う温度に調整して下さい。一般的にはお湯の温度は38℃ほどがよいといわれています。
予防策としては日常的なお身体のメンテナンスとしてストレッチや入浴の際、湯船に浸かりカラダを温め血流を促進し筋肉の柔軟性を高めることで予防が行えます。
私の周辺でもぎっくり腰になったという報告が多くあります。未然に防ぐことが重要になります。連休に備え予防を行いましょう。

鍼灸師としての腕はもちろん社会人としての能力も磨ける治療院!?

今もなお、成長し続ける治療院です。
今の鍼灸業界に不安をお持ちの方、この内容を見て何かを感じた方はぜひ見学へお越し下さい!
大阪では吹田市江坂・箕面市・池田市・四条畷市・高槻市・守口市・西宮市・尼崎市で展開中です!

お問い合せ
応募フォームへ
このページのTOPへ
HOMEへ
池田市の訪問鍼灸マッサージで働くアイリス治療院の求人採用サイト
応募はこちらから
お問い合せはこちらから