徒弟制度の空気が残る「整体、鍼灸業界」の中で働きやすさをが特徴の池田市の訪問鍼灸院「アイリス治療院」の採用サイト

大阪 吹田市、池田市、伊丹市で働く訪問鍼灸師、マッサージ師の採用・求人・転職

ワークライフバランスを重視した訪問鍼灸院です。

認知症について

池田市の訪問鍼灸院「アイリス」のブログ » 認知症について

2017年05月18日

こんにちは。

訪問鍼灸マッサージ、アイリス治療院の矢野です。

最近自分の祖母が認知症になったので認知症について調べてみました

 

厚生労働省の2015年1月の発表によると、日本の認知症患者数は2012年時点で約462万人。現在はさらに増えていると思われます。
2025年には5人に1人が認知症になっていると言われていてすごく身近に感じます。この記事を書いてる私の祖母も昨年より認知症にかかりいろいろ大変な事になっています。
私は大丈夫。と考えてもいない人は自分の家族の事も考えてすこし知識を身につけとくのも重要になってくる時代かと思います。

なぜなら…
認知症は、2人の病者を生み出します。ひとりは認知症患者さんであり、もうひとりは介護する家族です。介護する家族も悩み、悲しみ、苦しい思いを抱いているのです。

認知症の割合として最も多いアルツハイマー型認知症は、脳にアミロイドベータというたんぱく質がたまり正常な神経細胞が壊れ、脳萎縮がおこることが原因だと言われています。しかしながら、アミロイドベータが蓄積する原因については明確なことは分かっていません。

最近では認知症の進行を緩める薬などありますが。
私はそうなる前にならないように予防するのが大切だと思います。
認知症のなかでも患者数の多いアルツハイマー型認知症と脳血管性認知症では、生活習慣病(高血圧や糖尿病等)が発症のリスクを高めることがわかっています。 また、生活環境が深い影響を及ぼします。 そのため、食生活の改善や運動によって、脳を健康な状態に保つことが予防になります
なので。適度に運動したり、適度に頭の体操をしたり、バランスの良い食事をしたり、なにより一番良いのは人と対話しコミュニケーションをとることだと思います。

私は仕事柄、高齢の方と接することも多かったのですが。元気で認知症にもなってない人はなにより他の人より良く話します。
なので人が集まる場所にいって話すのが一番重要だと私は思います。

 

脳血管障害後遺症・脳梗塞・脳出血などで片マヒなどの痛みでお困りの方やパーキンソン病・その他疾患で寝たきりにならないために!

池田市・川西市・伊丹市・宝塚市・西宮市・箕面市・豊中市、
高槻市・吹田市のリハビリ・鍼灸マッサージ介護予防ならお任せ下さい!

訪問鍼灸マッサージアイリス治療院

TEL:0120-939-095

お問い合せ
応募フォームへ
このページのTOPへ
HOMEへ
池田市の訪問鍼灸マッサージで働くアイリス治療院の求人採用サイト
応募はこちらから
お問い合せはこちらから